自然言語処理について

自然言語処理に関するQ&Aをまとめました。

自然言語処理とは?

人間が話している言葉や、文章のテキストなどをコンピューターによって理解させ、適切に人間に応答するためのシステムです。

音声認識と自然言語処理は違うの?

音声認識は、音声を認識して、人間の言葉(テキスト)にするところまでをいいます。自然言語処理は音声認識を含みますが、その内容の解析および応答を含みます。

どうやって人間の言葉を認識するの?

大きな流れは、文章や、チャットの会話などの大量の文章を集めて、それをコンピューターで解析して、単語や文法、文脈などの情報を学習します。それを元に人間の発話データを解析して、どのような意図があるかを認識して、その結果より、システムの発話を作成して応答を返します。 細かい処理は、各社の技術によってだいぶ違いますし、得意、不得意などもあり、完璧なものはまだまだ先の状態です。

AIやディープラーニングと自然言語処理の関係は?

今日、ハードウエアの進化とディープラーニング技術の発達によって、画像などの認識は人間の性能に近づいております。 ディープラーニングを利用して、自然言語処理を行う研究もだいぶ進んできています。 しかしながら、単語が複数の意味を持ったり、そもそもコンピューターが文化などの知識を持たないと回答できないことがあるなど、 単に機械処理だけではうまくいかないことがあります。

専門知識がないと、自然言語処理のプログラムは作成できない?

自然言語処理のソフトウエアは、オープンソースや書籍等で公開されているものや、クラウド等で自然言語処理サービスを行っているところもあり、それらを組み合わせれば、 知識がない方でもプログラムを作成することが可能な時代になっています。